スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「マイウェイ」オダギリジョー&チャン・ドンゴンが大ヒット祈願

来る1月14日(土)に、映画「マイウェイ 12,000キロの真実」が日本全国で公開される。公開直前の1月5日(木)に主演のオダギリジョーとチャン・ドンゴン、 山上雅史 監督が、ザ・ペニンシュラ東京にて「ヒット祈願イベント」を実施した。

 公開直前ということで、今までのイベント以上に映画の内容に踏み込んだ質疑応答が行われ、ベルリン国際映画祭に参加することになった意気込みも語られた。会見のあとは、美人書道家の木下真理子さんによる“絆”を描くパフォーマンスが行われ、映画をイメージして“絆”という文字が書かれた。小柄な木下さんの大胆なパフォーマンスを3人は食い入るように見つめていた。その後、木下さんが書いた干支の“辰(龍)”に3人で目入れを行った。

 「新年はどのように過ごしていたか」という質問に 山上雅史 監督は、「隣の2人(オダギリジョーとチャン・ドンゴン)と過ごしていた」と明かし、「釜山で舞台あいさつをした。歴史とは何か、日韓両国の関係は、映画『マイウェイ』とは、といったことを考えていた。『マイウェイ』を通して、今両国が抱えている問題や両国の新しい関係を考えられたことはとても意味のあることだったと思う」と語った。

 チャン・ドンゴンも「新年は『マイウェイ』チームのみんなと過ごした。カウントダウンのとき『ファイトー』と叫んだり(笑)」と話し、オダギリジョーは「ひとりで年末年始を韓国で過ごすということで行く前はどんよりしていたが、スタッフの皆さんとカウントダウンをしながら乾杯したりして、楽しかった。その後も飲み続けていたら、初日の出を見ることができた。海外で初日の出を見るのは、36年生きていて初めてで、特別な1年にしなければと思った」とエピソードを公開した。

 最後にカン監督が「この映画は日本と韓国の青年が戦争を通して友情を取り戻していく様子が描かれている。お互いがお互いをどう思っているのかを描いているので、日本と韓国の若者に見てほしい」と伝えた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。